Instagram
  • 今村ニュース&トピックス
  • 保育について
  • 園のご案内
  • 情報公開
  • 採用情報
ピックアップ ピックアップ ピックアップ

トップ > いまむらニュース&トピックス > いまむらこどもえん 七十二候

いまむらニュース&トピックス

2018/09/08

いまむらこどもえん 七十二候


台風や地震、
日本列島が揺れています。
被害にあわれた皆さま お見舞い申し上げます。

日本環境教育学会の大会で
兵庫県立大学の土川忠浩先生のご発表で
地域の気候風土をうまく取り入れた
その土地らしい七十二候の作成 について
お話をお聴きする機会に恵まれました。

なるほど!すてき!と感じ早速始めて見ました。
先生からは いまむらこどもえんの七十二候を作成することで
いつか いまむらこどもえんが
子どもたちにとっての“原風景”になればいいですね、と
アドバイスをいただきました。

本当にそう思います!

あの頃、ただただ、遊んでいたなぁ
あの風景、あの匂い、思い出すなぁ!って思ってくれたらなぁ!

さて、
本日からは第四十三候 白露の初候。
草の露白し。
早朝、草に降りた露が、白く光って見える頃。
今朝、園の畠のサトイモや落花生の葉に宝石のように白く光る露が降りていました!

いまむらこどもえん 第四十三候 
かみひこうき 飛ぶ先に 子らの生きる未来

50年ぶりに襲来した大型台風21

強風に驚かされ 翌日は北海道に激震

自然災害の続く日本列島。


初めて企画された 保護者の皆さん主催のイベント

ひこうき&流しそうめん大会

略してKH&NS

小雨模様で残念ながら そうめんは流せなかたが

お父さん、お母さん、お一人おひとりのパワーが集まって

たのしい一日になった

たった一枚の紙で こんなに楽しいひと時が過ごせるなんて。

アナログな遊びの 凄さ、大切さを思う

おとなが一番集中していたかも


そんな “遊びに夢中”なおとなの背中が

人生しいよ、と子どもに教えてくれているような気がする


一覧に戻る