Instagram
  • 今村ニュース&トピックス
  • 保育について
  • 園のご案内
  • 情報公開
  • 採用情報
ピックアップ ピックアップ ピックアップ

トップ > いまむらニュース&トピックス > 長倉洋海さん写真展

いまむらニュース&トピックス

2017/05/10

長倉洋海さん写真展

毎年、

5歳の子どもたちや保護者の皆さまに

写真をみせていただきながらお話しいただき、

人間の在り方や生き方を見直す機会を与えてくださったり

そして 多様と共生こそが大切だということを

じ~んと胸にしみ込むように伝えて下さっている

長倉洋海さん。

ただ今東京都写真美術館で

『フォトジャーナリスト 長倉洋海の眼

            地を這い、未来へ駆ける』と題して

大規模な写真展を開催中です。

子どもの写真も数多く撮影されていますが そのキャプションの

『子どもたちはたくましさを持っている一方、傷つきやすい。心がめげそうになったとき、

必死で自分を慰めてくれるものを捜そうとする。それは友だちやまわりの大人かもしれないし、

野良犬や子犬、小鳥かもしれない。その存在に安堵し、時には助けられ、そして元気をもらう。

たくさん泣き、悲しんで、つらい思いをしたらいい。

いつかそのことを決して忘れない大人になれるだろうから。』

という文章が印象的でした。

 

子どもたちは園に新しく掛けた長倉さんの写真のパネルを観て

これはアメリカのことちゃう?

ううん?インドや!(ホントはスリランカ、惜しい!)

あ!綿棒落ちてる!ここにもある!(よく見つけるなぁ)

 

はだかやで、みんな。

雨が降ってるのに?

はだかってこんな感じ。(…とおなかを出す)

この家、この本の家と一緒ちゃう?

ホンマや!ここと一緒や!

写真の中の

子どもに

今の自分を重ね合わせたり

驚いたり。

また長倉さんにお会いできるのが

楽しみですね。

 

 

一覧に戻る